弘前市に帰郷して大事なものを見つけたとさブログ

13年間の東京生活を過ごし、弘前市に帰郷してきました。いろいろなことがあったけど大事なものを見つけましたとさブログ^^
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
青森県弘前市のホームページ制作会社
青森県弘前市のホームページ制作会社 イシタカ http://ishitaka.net/
RECENT COMMENT
PROFILE
 
弘前の煮たまご屋のFacebookページカバー写真
弘前の煮たまご屋|青森県弘前市|B級グルメ|味付玉子(味玉)

↓ぽちっとしていただくと嬉しいです!↓


弘前の煮たまご屋のFacebookページを開設してから、カバー写真をずっと設置していませんでした。

時々のアイデアはあったんですが、なんかしっくりいかなかったんです。

かれころ何ヶ月もページを見るたびに、ずっと考えてたんですが、やっぱりこれが一番だなと思い、今日決めました。


弘前の煮たまご屋Facebookページ

うん、やっぱりこれがいい。

仲間と一緒に笑って食うのが弘前の煮たまごだなぁと。


前へ前へ、先へ先へ。


↓ぽちっとしていただくと嬉しいです!↓ 
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 弘前情報へ
 blogramによるブログ分析 
にほんブログ村
岩木山商工会でIT活用セミナーの講師をしてきました
弘前の煮たまご屋|青森県弘前市|B級グルメ|味付玉子(味玉)

↓ぽちっとしていただくと嬉しいです!↓


先月、岩木山商工会からオファーをいただき、11月6日18時半からIT活用セミナーの講師をしてきました。

インターネットを活用した商品アプローチ術セミナー↓

農家の方々が繁忙期ということもあり、夜からスタートして90分間。

こういったセミナーを行う際は、最低でも3時間くらいは必要なんですが、かなり内容を圧縮して今回は行わせていただきました。

参加された方々の業種は、りんご農家の方、スチューベン農家の方、車関連業種の方、小売店の方などなど、様々で約20名弱の方にお集まりいただきました。

こういったお話をさせていただく際、単にITを利用してアクセスをアップする方法を提示するのではなく、まずは皆さんに商売相手を考えていただくことにしています。

ITを利用したプロモーション方法というと万能ツールと思われがちですが、誰にアプローチしたいか?を明確にする必要があります。

そして、そのアプローチ相手にITのどのツールを利用するのか?などなど考えていきます。

もちろん、ITツールを利用しなくても良いという判断もあります。

漠然と、便利だから、今の時代には必要、という概念でITツールを使用しなければならないという思いこみを一旦頭から外すことも重要な観点です。

IT業を根幹事業としている私が言うのもなんですが…誰に?というターゲットを決めると、新聞広告やチラシのほうがプロモーション効果が高い可能性もありますので。

また、弘前の煮たまご屋のプロモーション方法を事例として、ターゲットを設定して、それに対してどのようなアプローチをしてきたかなどの私自身の経験をお話させていただきました。


ちょっと話は変わりますが…

20代前半からセミナーに参加する機会が多く、セミナー講師の方から沢山のことを学びました。

でも一つ疑念点がありまして、その講師の方がセミナーで話をした内容を利用して、実際に行った事例を発表していないということが多々あったんです。

特に飲食や小売のセミナーでは、講師の方が店舗経営を経験したことが無いパターンもあり、単に方法論だけを提示していたので、本当にこれで成功するのか?という疑問が残っていました。

弘前に帰郷して、こういったセミナーのご依頼をいただく上で、私自身が経験したことをお話しないと、なんだか嘘をついている気分になってしまう?!

そう思っていた矢先に、母が惣菜店を開業したいという話があったので、そのお店にITツールを活かしてみたいと考え2年。

(もちろん、データ収集のためだけではなく、弘前の煮たまごという商品に熱い想いがある前提なんですが!)

今年のセミナーで、ようやく弘前の煮たまご屋のデータや方法を提示でき、実経験をもとにした内容を発表することが出来るようになりました。

これからセミナーのご依頼がまだまだありますので、出来る限り、私が経験した、目にしたことをお話させていただきたいと思います。


11月12日は八戸市、13日は青森市で、以下のセミナーを開催予定です↓

おそらくまだ募集していますので、もしお時間ある方は、ぜひぜひご参加ください。



前へ前へ、先へ先へ。






↓ぽちっとしていただくと嬉しいです!↓ 
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 弘前情報へ
 blogramによるブログ分析 
にほんブログ村
弘前マルシェFORETに出店、そして弘前の煮たまご弁当…
弘前の煮たまご屋|青森県弘前市|B級グルメ|味付玉子(味玉)

↓ぽちっとしていただくと嬉しいです!↓


弘前の煮たまご屋は、9月中旬頃から弘前マルシェFORETに出店していました。

Facebooktwitterホームページで告知をしており、

「ネットで見たよ!」
「Facebook見て千葉から来たよ!」

などなど、沢山の方に弘前の煮たまご屋を知っていただくことができました。

また、先週いらっしゃった方が、今週もいらっしゃいまして、先週と場所が違ったために、

「探したんだよ!今日はこっちだったんだね〜!」
「あったー!あったかいのちょうだい!」

など、お客様からのお言葉が嬉しくて楽しくて、最高の時間でした。

ご来店いただいたお客様、そして立ち寄っていただいたお客様、本当にありがとうございます!

こういった機会を与えていただいた、弘前マルシェFORETの皆さんには本当に感謝しております!

ありがとうございます!

来年もぜひ参加したいと考えていますので、ぜひよろしくお願いします!


〜閉話休題〜

今年も残り2ヶ月になりましたが、弘前の煮たまご屋は今年最後の目標として・・・

「弘前の煮たまご弁当」

を作りたいと考えています。

お弁当の中身はほぼ決まっていまして、値段も1コイン500円と決まっていまして、入れ物はまだ考え中でして・・・

まぁまぁ、毎度のことながら、僕の独断で店主のおふくろを困らせてしまうんですが…^^;

でも、これは今年最後の目標として、完成させたいと思っています。

以前から、弘前の煮たまご弁当の構想はあったんですが、10月入った頃から我慢できなくなりまして、先日おふくろにも伝えて今作っている最中です。

弘前の煮たまご屋をやろう!という時もですが、相変わらずな突拍子ない意見を発してしまうため、おふくろには世話をかけますが、それでもこれはどーーしてもやりたいんです!

というか、やらざるを得ない!やらないといけないんです!

と勝手に使命感に燃えていますが、今年中にはリリースしたいと思う今日この頃です。


前へ前へ、先へ先へ。




↓ぽちっとしていただくと嬉しいです!↓ 
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 弘前情報へ
 blogramによるブログ分析 
にほんブログ村
言葉
弘前の煮たまご屋|青森県弘前市|B級グルメ|味付玉子(味玉)

↓ぽちっとしていただくと嬉しいです!↓


ある青年が誕生日を迎えたので、プレゼントは何にしようかなぁ〜?と考えていました。

最近就職したので、名刺入れ?ネクタイ?など、色々考えていましたが、しっくりこなかったんです。

嫁さんとも話をしていて、何にしようか悩んで1時間弱…

30才の誕生日にある方からいただいた本を思い出しました。

「原因と結果の法則」

という本です。

久しぶりにその本を開くと、この本をプレゼントしてくれた方が1ページ目に手書きで、言葉を残してくれています。

その言葉は・・・

『20代は何をしたいかを探す時代』
『30代は何をしたかを問う時代』

いただいた本でしたが、この言葉とこの本は誰かに託していいものなのではないか?そう思えたので、そのまま、その青年に託そうと思い、先日プレゼントしてきました。

あの時、正直何を意味しているのか、分かっているようで、分かっていないようで、漠然と捉えていたことを記憶しています。

でも自分の中では、この言葉を以下のように解釈したのを覚えています。

『20代は人のために何をしたいかを探す時代』
『30代は人のために何をしたかを問う時代』



彼には、少し前に一つの言葉を送りました。

『営』という字です。

なぜ『営』という字なのかというと?

それは私の口からは言わないようにします。

今度は彼がその言葉の意味を解釈してもらえればなぁ〜と。

もし彼がこのブログ記事を読んでくれる機会があったら、その時に思った解釈をそのままこれからの人生で表現してもらえればと。


前へ前へ、先へ先へ。



↓ぽちっとしていただくと嬉しいです!↓ 
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 弘前情報へ
 blogramによるブログ分析 
にほんブログ村
10月からセミナーやります&転を迎えている自覚
弘前の煮たまご屋|青森県弘前市|B級グルメ|味付玉子(味玉)

↓ぽちっとしていただくと嬉しいです!↓

今日はちょっとお知らせです。

公益財団法人21あおもり産業総合支援センター主催で行うセミナーがあります。

以下URLにチラシをアップします。



このセミナーの後、具体的な方法を提示するセミナーとして「IT経営チャレンジ」実践研修を行うんですが、上記URL内下部に詳細を記載しております。

※以下、下部詳細箇所を抜粋
----------------------
第1回 業務改革の進め方 〜内部業務改革プロジェクト〜
講師 (株)グラム 田川 悟郎 氏 (株)イシタカ 石岡 泰樹 氏

第2回 価値作りからファン創りへ 〜顧客の心をつかむ商品開発モデルとプロモーション術〜
講師 (株)イシタカ 石岡 泰樹 氏

第3回 計画を作る〜それで、自社の業績はどう変わるのか?〜
講師 (株)グラム 田川 悟郎 氏 (株)イシタカ 石岡 泰樹 氏
----------------------

田川さんには第1回と第3回のセミナー講師をしていただき私はサポート役として、第2回は私がセミナー講師を行います。

企業だけではなく、店舗経営者の方や、今後起業されたい、お店を開業したい、そういった方々にもぜひお越しいただければと思っております。

また、こういったセミナーは経営者の方のみ参加されることが多いんですが、実際にITを活用されている現場ご担当者の方も一緒に来ていただきたいと考えております。

期日や場所に関しても上記URL内に記載しておりますので、ぜひぜひご覧ください。


〜閉話休題〜

青森県弘前市に帰郷してから、こういったセミナー講師をさせていただく機会が増えてきました。

最初は、仲間と勉強会をちょこちょことやっていましたが、その後にその仲間を通じて県庁の方々に推薦があり、4Hクラブの就農者の方向けの対面販売&接客方法や、ソーシャルメディアの活用方法のセミナーなどの依頼を受けました。

その後、昨年の青森県弘前市インターネット活用研究会の主催側として運営企画に携わり、今回のセミナーにも参画することになりました。

セミナーにご参加いただいた方々とは、その後プライベートでもお会いしたり、直接訪問してアドバイスを行ったり、相談依頼を受けることがあります。

そして素敵なことに、セミナー後、皆さんが様々な分野で活躍していることです。

現在の事業を発展させた方もいらっしゃいますし、新規で事業や会社を立ち上げる方もいらっしゃいました。

今では、ちょくちょく皆さんとお酒を飲みながら、ビジネスに対しての想いなど語る場を持つことができました。もちろん恋愛の話もですが^^

よく巷でも言われていることですが、人と人が出会うことで、新しい発見や取り組みが生まれていきます。

しかし、ただ出会いの量を増やすのではなく、一人一人が新しい発見や取り組みを行うための勉強や学習をし、知識やスキルを向上させ、トライする場が多いからこそ、発展を実感できるんではないかなと。


改めて、前職で教えてもらったことを思いだします。

「For MeではなくFor Youであり続けること」
「Give & takeではなく、Give & Giveであり続けること」
「アウトプットした量でインプットできる量が決まる」

For Youし続けるために?
Give & Giveし続けるために?
アウトプットし続けるために?


今年で35才。

20代、30代前半とは違い、もっともっと還元して貢献しなければいけない年齢なんですよね。

そして、既に、人生の起承転結の中で、転を迎えていることを自覚していきたいと思います。


前へ前へ、先へ先へ。




↓ぽちっとしていただくと嬉しいです!↓ 
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 弘前情報へ
 blogramによるブログ分析 
にほんブログ村